無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

オレンジ色の海
18
2020/12/21 08:29
夕陽がキレイに海の境界線に入りオレンジ色に染まった
太一
太一
わぁぁぁ、臣クン見て!!
夕陽にてらされて海がオレンジッスよ
臣
あぁ、キレイな色だな
太一
太一
秋組みんなの色ッス
太一は海を見つめてそう呟いた
その瞳は海の輝きを反射していて綺麗だが、その奥では少し寂しそうな、罪悪感のような色を見せていた
臣
そうだな。俺たちの色だ
臣の発した言葉には万里、十座、左京、臣、莇、太一、

『俺たちの色』には秋組全員の色という意味が込められていた
太一
太一
ごめんなさい…ッス
太一の震え混じりの声が聴こえた
太一の方を向くと、太一が下を向き微かに震えている
臣
太一、こういう時は『ごめんなさい』じゃなくて、『ありがとう』でいいんだよ
太一と目が合う
その瞳は潤んでおり綺麗なエメラルドグリーンだ
太一
太一
うん…うん!ありがとうッス!
太一は輝くような笑みを浮かべてそう言った