無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

1
あなた

いらっしゃいませー

バイト先、もう入って3ヶ月にもなると


常連さんの顔がすぐにわかるようになった










そんなある日、バイトが終わり


いつも通り裏口から家に帰ろうとしていた
銀太
あのー
あなた

わぁぁぁあ!!!!

銀太
うおっ!?!!!!?
あなた

な、ど、どうしたんですか?
ここ店の裏口ですよ?

銀太
あ、いやあんたに言いたいことがあって
あなた

へ?私ですか?

銀太
好きでした
あなた

…あの、ありがたいんですけど、誰ですか?

銀太
銀太です
あなた

いや分かりません

銀太
好きです、惚れました
あなた

…えーと、ごめんなさい

あなた

初対面なので…

銀太
じゃあ覚えてくれたらいいんすか?
あなた

はい?

銀太
ライン教えてください、あと電話番号
あなた

…分かりました、


勢いに押され、ラインと電話番号を伝えてしまった
銀太
あざっす!


そう言って、嬉しそうに笑ったその人


その笑顔にドキッ、とした


無邪気な笑顔


私より少し高めの身長


少し焼けている肌


銀髪

















彼は、銀太さんは


私に恋をしてるそうです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あんこ👏(おーがすと生まれ。)
あんこ👏(おーがすと生まれ。)
インスタ始めたお。 よかったらからもDMとかで ⬇️ Anko_sweet_ #Youtuber #レペゼン地球 #フィッシャーズ #東海オンエア #アバンティーズ #キヨ。 #水溜りボンド #マホト #すしらーめんりく #北の打ち師たち #はじめしゃちょー ⬆️書けるよん
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る