無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

221
2021/12/05

第2話

1
放課後ーー
クラスのみんなが部活に行ったり帰ったりしてる中、簓さんはまだ来てなくて。先生と2人きり。
(なまえ)
あなた
先生、どないしよ…
盧笙
盧笙
ごめんなぁ、月宮…あいつが言い出しっぺのくせに遅いやんけ…
(なまえ)
あなた
…デートって言ってたけど
どこ行くんやろ…
盧笙
盧笙
ん〜…外おったらバレるやろうしなぁ…
現に俺も一緒におってバレるから。しかもマスクとか外してる時あるし、ホンマにあほやろ…
(なまえ)
あなた
そうなんですか…
ガラガラガラ
簓
ハァハァハァ…おまたせっ!!
盧笙
盧笙
なんや?走ってきたんか?
簓
そうなんよ!
途中でやばい奴に絡まれた!
盧笙
盧笙
は?どんな奴?
簓
真似するとな?
簓さん!うち簓さんごっつ好きなんです〜♡良かったら、連絡先交換しません?♡みたいなやつやった!
盧笙
盧笙
え、初対面で連絡先交換て…
(なまえ)
あなた
こわ…
簓
あ、遅なってごめんなぁ…
授業お疲れちゃん!
ほな行こか〜♪
盧笙
盧笙
簓、月宮頼んだで。
簓
おんっ!
(なまえ)
あなた
先生、さようなら。
盧笙
盧笙
あぁ、気ぃ付けてな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
簓
あ、タクシー呼んでもええ?
(なまえ)
あなた
いいですけど…どこ行くんですか?
簓
内緒!笑
数分後タクシーが来て、隣に座る。
さっきよりも距離が近いから心臓バクバク言ってる…
簓
…緊張しとんの?笑
(なまえ)
あなた
そ、そりゃぁ…
簓
緊張せんでも大丈夫やで笑
あ、飴ちゃん食べる?ちょっと落ち着くかも。はい!
手のひらに転がってきたのはメロン味の飴ちゃん。
(なまえ)
あなた
ありがとう、ございます…
飴ちゃんを食べれば少し落ち着いてきた。
タクシーに揺られて数十分。
運転手
着きましたー。
簓
あ、じゃあこれで
運転手
はい、ちょうど。おおきに。
タクシーを出て当たりを見渡せば見たことないところ。
(なまえ)
あなた
タクシー代ありがとうございました。
簓
ええよええよ笑
(なまえ)
あなた
あのここってどこですか?
簓
まだ楽しみにしといて!
とりあえず着いてきてな!
(なまえ)
あなた
あ、はい…
簓さんの後ろを歩くけど、やっぱりすれ違う人みんな、簓さんに気づいとる。
離れて歩いた方がええんかな…
そう思ってちょっと距離を離す。
離れた瞬間、人の流れが多くなって石につまづいた。
(なまえ)
あなた
うわっ…
簓
あなたちゃん!!
コケると思った寸前、簓さんが手を引っ張ってくれた。
簓
はぁ…良かったぁ…
(なまえ)
あなた
う…えと…ありがとうございます…
簓
怪我してへん?
(なまえ)
あなた
はい、何とか…///
ちょっと待って!普通に喋ってるけど距離近いねん!
手を引っ張ってくれたんはええんやけど、そのままなんで抱きしめられてんの!?///
ちょっ…心臓持たへん!!///
落ち着けっ!!!!((←
簓
人多いなぁ…
(なまえ)
あなた
っ…///
耳っ!!耳ぃ〜っ…!!!!!///
お願いやから喋らんといてっ!!!///
数分後ーー
人の流れが収まって少し休憩する為近くの公園のベンチに座る。
月宮…無事生還しました…ハァハァ
(なまえ)
あなた
心臓に悪いわ…
簓
はい!
頬に冷たい感触が来た。
(なまえ)
あなた
うわぁっ!!
簓
あははっ笑。ドッキリ大成功!
(なまえ)
あなた
びっくりしたぁ…
簓
はい、どーぞ笑
(なまえ)
あなた
ありがとうございます…
簓
落ち着いたら戻ろか
(なまえ)
あなた
はい
簓
それ、俺のグッズ?
(なまえ)
あなた
あ、ごめんなさい…気持ち悪いですよね…!外しときま…
簓
待って!外さんでええよ笑
スマホケースに挟んだステッカー見られた…
簓
俺のファンなん?笑
(なまえ)
あなた
はい…テレビとか雑誌とかいつも見てて…///
簓
そうやったんかぁ!
今更やけどいつも応援おおきに笑
(なまえ)
あなた
こちらこそいつも笑わせてくれてありがとうございます…
簓
笑わすのが俺の仕事やから、嬉しいわぁ笑。そろそろ行こか…笑
(なまえ)
あなた
はい…笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
簓
着いたで〜
(なまえ)
あなた
ここですか?
簓
そう!あなたちゃんと服買おうかなぁ思ったんよ。
(なまえ)
あなた
服ですか?
簓
制服のままやとなんかあったら嫌やなと思って…あ、お金は気にせんといてな!俺が出すから!
(なまえ)
あなた
でも…さっきもタクシー代も飲みもんも買ってもらったし…
簓
ええの!今日は俺が誘ったんやし全部出すって決めてる!はよ行こ!(手繋ぐ)
(なまえ)
あなた
ちょっ…///
お店に入れば絶対高そうな服ばっかり…
簓
なぁなぁこれどう?
簓さんが持ってきたのは白いワンピース。
(なまえ)
あなた
え、絶対私に似合わん気が…
簓
似合わんかどうか分からんから、1回試着しといで!はい!
(なまえ)
あなた
は、はい…
試着室に入ってタグを見ればゼロが4つと3の数字。
(なまえ)
あなた
たっか…
ていうかほんまにこれってデートやん!?((
いや、早く着替えてこのお店出て先生に連絡せな…助けてもらお…((
(なまえ)
あなた
ど、どうでしょうか…///
簓
お…
(なまえ)
あなた
変ですよね…///
簓
いや、そうやないよ…似合いすぎてるし、変やない。
(なまえ)
あなた
そ、そうですか…?///
簓
…すんません、これとこれに合う靴持ってきて下さい。買います。
店員
かしこまりました。
(なまえ)
あなた
え、ちょ、簓さん…!
簓
…今日は簓さんのささやかなプレゼント!!
(なまえ)
あなた
プレゼントって…今この瞬間が私にとってはプレゼントですよ!普段テレビの中の大好きな人が目の前におって普通に喋って一緒に笑ってるだけで幸せやし、プレゼントなんです!て、あ…///
簓
ふははっ…嬉しい事言ってくれるんはええねんけど、顔真っ赤やで?笑
(なまえ)
あなた
簓さん、ほんまにずるいわぁ…///
簓
俺が?笑。俺なんもしてへんけど?笑
(なまえ)
あなた
ほんまそういう所…///
簓
ははっ笑。ほら次行くとこまだあるからはよ!
(なまえ)
あなた
まだ行くんですか!?
店員
おまたせ致しました。こちらお履きになって下さい。
(なまえ)
あなた
あ、ありがとうございます…
簓
うん、似合ってる笑
(なまえ)
あなた
うぅぅ…ほんまに大丈夫なんですか?
簓
遠慮しぃやなぁ笑。大丈夫やって!
ほら、手ぇ出して。またコケそうになるやろうから笑
(なまえ)
あなた
そうですけど、さすがに手を繋ぐのは…///
簓
さっきも手繋いだけど?笑
(なまえ)
あなた
いや、あれは簓さんが急に繋いできたからで…///
簓
もうまどろっこしいなぁ笑
(手繋ぐ)
(なまえ)
あなた
っ…///
簓
これで安心♪
お店を出て向かったのは簓さんが所属している事務所。
(なまえ)
あなた
ここ、簓さんの事務所ですよね?
簓
そやでー、イメチェンさせよう思ってな。
(なまえ)
あなた
イメチェン?どうやって?
簓
俺ら芸能人はメイクさんがおる。
そんでこれまた友達のメイクさんにお願いしようかな思ったんよ。
(なまえ)
あなた
なるほど…って忙しいんじゃ…
簓
だいじょーぶ!
受付のお姉さんに事情を説明して(デートとは言ってなかったけど)メイクさんにお願いしに行く。
簓
おーーーい!
手振り返しながら小走りで来たのは茶髪を1束にまとめて肩に流しているモデルさんの様にスラッとした女性。
メイクさん
おぉー、久しぶりやないか簓!
ん?女の人やんな?えらい声低くない?
簓
紹介するな。
俺の友達のメイクのお兄さん。
メイクさん
メイクのお兄さんって歌のお兄さんみたいに言うなや笑
(なまえ)
あなた
あ、男の人やったんですか…てっきり女の人かと…
メイクさん
よう言われるから気にせんといて笑。よろしくね笑
(なまえ)
あなた
お願いします…
簓
じゃあ、案内したって。
メイクさん
簓は来んのか?
簓
俺は他の用事あるから!
あなたちゃん、その人怖くないから大丈夫やで!!終わったら連絡ちょーだい!ほなまた後で!
そう言って走り去った簓さん。
(なまえ)
あなた
え?
メイクさん
あいつ変わらんなぁ…笑。じゃあ行こっか笑
(なまえ)
あなた
あ、はい…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メイクさん
ここ座ってなぁ。あ、名前何?
(なまえ)
あなた
つ、月宮です…
メイクさん
ふふっ…緊張しとるなぁ笑。ごめんなぁ月宮ちゃん。簓が困らせとるやろ?笑
(なまえ)
あなた
いえ、そんな…
でも簓さんは簓さんで安心しました笑
メイクさん
あいつのすごい所はやっぱりそういう所なんかな…ロケ一緒に行ったら声掛けられて、テレビのまんまやなってよう言われよるわ…笑
(なまえ)
あなた
そうなんですか…笑
メイクさん
その服簓が買ったんか?
(なまえ)
あなた
え、なんでわかるんですか?
メイクさん
それ、簓の好みやねん笑
(なまえ)
あなた
え、でも雑誌にそんな事書いてなかったですよ?
メイクさん
それは簓なりのやり方なんよ。ほんまは違うけど、白膠木簓っていうキャラを確立させる為にそう言うてるだけ笑
(なまえ)
あなた
そうやったんですか…なんか知れて嬉しいです笑
メイクさん
簓の事やったらなんでも知っとるけど、今はどついたれ本舗の2人がおるからなぁ…特に躑躅森盧笙っていう人やな。
(なまえ)
あなた
あ、私の担任の先生です…笑
メイクさん
そやったんか!すごいな笑
それからテキパキとメイクやヘアセットをしてもらいながら、楽しく話していたら結構時間がかかっていた。
メイクさん
よし、完成!どう?
(なまえ)
あなた
すごい…
メイクさん
ナチュラルメイクにしたからあんまり変わらへんけど、可愛なったやろ?
(なまえ)
あなた
ありがとうございます…!
メイクさん
いえいえ笑
コンコン
メイクさん
はーい!
簓
全然連絡ないから来てもたやんかぁ…
ってすんません、間違えました。失礼しまs…
メイクさん
アホ、間違えてへんわ!笑
簓
え、あなたちゃん…?
(なまえ)
あなた
はい…どうでしょうか…笑
簓
…君天才?
メイクさん
大袈裟やわ笑。素材がええんや笑
(なまえ)
あなた
そんな事ないですよ…笑
簓
…めっちゃ可愛いな。
(なまえ)
あなた
へっ…///
メイクさん
俺次あるから、はよ続き行ってこい簓!
簓
あ、うん!おおきに!
ほな行こか…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー