無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

35、
…紫耀side…
俺は許さない

あなたにあんな馴れ馴れしく触ってさ

あいつが笑えばあなたも笑うなんてさ

絶対に、、別れさせてやるっ
作戦その1…、
紫耀
紫耀
あなた、今日は紫耀兄とお風呂入ろうね、一緒に寝ようね
俺と一緒にいる時間を増やして

あいつのことを忘れさせる作戦
あなた

えぇ、おじぃがいい

紫耀
紫耀
だぁめ!昨日一緒だったじゃん!!
あなた

…もお、わかった

何とかお風呂一緒に入れました笑

そして、2階へ行き、布団を敷いて
紫耀
紫耀
よしっ、あなたここおいで!
あなた

真ん中やだ

紫耀
紫耀
なんでよ
あなた

絶対に紫耀兄、ギュッてしてくるもん

だってあなたじゃないと抱き枕になんないもん
紫耀
紫耀
わかったよ…
これはしょうがなく端っこで……

なーんて我慢できるかぁ!笑
あなたが布団の中に入って寝転がった瞬間

ガッチリ捕まえました笑
あなた

ねぇぇ!紫耀兄やだ!

紫耀
紫耀
俺もやだ!
あなた

離してよ〜

紫耀
紫耀
離したくない!ずっと一緒にいる!
あなた

暑い

紫耀
紫耀
暑くない!
何言っても離さないもん

絶対に離さない
次の日のお昼頃、
あなた

ぉ兄…?

あなた

紫耀兄っ!!

あなたに抱きついたまま、目が覚めた
あなた

1階行きたいから離してよ

紫耀
紫耀
んー、もうちょっと、、
あなた

トイレ行きたい

紫耀
紫耀
ん〜
あなた

もれるぅ、、

紫耀
紫耀
ちゃんと戻ってきてよ?
あなたはしばらくしたらちゃんと部屋に戻ってきた
あなた

今日は一絆くんとお出かけするから行ってくるね

ドアの近くに立つあなたはちょっと照れながらそう言った
紫耀
紫耀
は、聞いてないし
あなた

今言ったじゃん

紫耀
紫耀
だめ、こっち来て
俺は寝転がったまま、両手を広げた
あなた

…遅れちゃうからやだ

紫耀
紫耀
断る権利なし、早く
あなた

絶対離してくれないもん

紫耀
紫耀
…早く
あなた

やだって言ったらやだっ!

あなたはドアをバタンと閉めて行ってしまった…、
紫耀
紫耀
ちょ、あなたっ、…もぅっ、
なんでだよ〜っ!作戦失敗。。
紫耀
紫耀
どうしたらいいんだよ…
女心とかわかんないから

なんとも出来ない