無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

34、
…優太side…
夕方頃の夕食の時間、
今日は静かだな、笑
優太
優太
あなた美味しい?
あなた

うん

廉
あなた、ウインナー食べんのなら貰うよ
あなた

だめ!美味しいから最後に食べるの!

廉
あぁそういうことか
優太
優太
じゃあ俺のやるよ
あなた

ありがとうおじぃ!

…なんだろ、シーンとなる

みんな食欲ないのかな笑

箸止まってるし笑
廉
今日はあなたお風呂誰と入るん
あなた

あぁ…廉兄入ってくれる?

廉
別にええけど
あなた

え、やだ

廉
いや、逆に断んのはなんなん笑
優太
優太
廉、俺と入る?
廉
それはごめん
優太
優太
なんでだよっ笑
まただ、この4人どうしたのほんとに笑笑
廉
あのさ、お前ら息してんの?
あなた

…紫耀兄、かい兄、勇兄、玄兄!

紫耀
紫耀
ん?
玄樹
玄樹
え、呼ばれた?
海人
海人
ん??
勇太
勇太
なに?
廉
お前ら早く食えよ、おじぃがせっかく作ってくれてんやから
紫耀
紫耀
あぁそっか、いただきます
やっとみんな箸が動いた笑
あなた

あ、そうだ、私ね、一絆くんと付き合うことになったんだよ

あなたのこの一言で

また箸が止まる、笑
廉
え、そうなん?
あなた

うん

廉
付き合うって、何すんの?
あなた

登下校は一緒で、休み時間も一緒!

廉
ふーん
海人
海人
そ、その子、何部なの
あなた

テニス部

海人
海人
あぁ、良かった、笑
体育館の中じゃなくてよかったな笑
紫耀
紫耀
せめてさ、登下校は廉たちの方が安心だと思う
あなた

私、方向音痴じゃないし、大丈夫だよ

紫耀
紫耀
でもさぁ、
あなたのスマホが鳴った
あなた

あ、一絆くんからだっ///

優太
優太
お、なんて?
あなた

電話だよ笑
ちょっと出てくる

そう言ってあなたは席を外した
玄樹
玄樹
楽しそうだなぁ…
海人
海人
おじぃはいいの?
あなたが他の人のものになっちゃうの
優太
優太
…良かねぇよ
でも、あなたが笑顔になるなら

あなたが楽しそうならそれでいいのかなって
勇太
勇太
阻止できないのかな、
紫耀
紫耀
俺たちにしか出来ない事……
海人
海人
ねぇ廉はどう思う?
廉
俺は〜…別に
海人
海人
なんでだよ
阻止かぁ、出来るならしたいけどな、

ずっとこの調子だと

あなたにもいつか結婚とかして欲しいし

俺らが邪魔で無理になっちゃうかもしんないから

あまり派手なことはしたくない