無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10、
…あなたside…


今日は玄兄とお風呂に入った!

いろいろお話したんだ、最近学校で楽しかった出来事とか、いろいろ笑
お風呂から上がると

玄兄とアイス食べました
玄樹
玄樹
そのアイス美味しい?
あなた

うん!玄兄のアイスも食べてみたい

玄樹
玄樹
じゃあ交換しよ
あなた

いいよ

玄兄とシェアしながら食べていると

紫耀
紫耀
どれ?紫耀兄にもちょーだい!
あなた

やだ!紫耀兄、アイスはお風呂入ってから!

紫耀
紫耀
えぇ〜ケッチぃな笑
優太
優太
ほら、次誰お風呂入るの?
廉
俺行くわ
優太
優太
じゃあ一緒に入ろ
廉
は、ふざけんな笑
海人
海人
ツンデレ〜笑

寝る準備をして、2階に上がり、玄兄は私が敷布団の中に入るまで見届けると、
玄樹
玄樹
おやすみね!
頭を撫でて部屋を出ていった
急にひとりぼっち。

シーンとして真っ暗なお部屋は苦手です

あなた

誰かぁ〜(ボソッ

喋ってないと落ち着かなくて、
あなた

来てぇ〜(ボソッ

小さな声だけど喋ってる


私は布団から出てそっとドアを開けた
あなた

紫耀兄遅いよ、(ボソッ

すると、階段から誰かがあがってきた
あなた

廉兄、?

廉
え、なに?
あなた

紫耀兄、遅い

廉
知らんわ
あなた

えっ、紫耀兄何してたか…

廉
知らんて
廉兄は足を止めることなく部屋に入っていってしまった
あなた

廉兄の意地悪、

とりあえず紫耀兄が2階に来てくれるまで

廉兄のお部屋に入りました
廉
ちょ、なんで入ってくんねん
あなた

だって、寂しいんだもん

廉
あなた入ってきたら
ゲーム出来ひんやん(ボソッ
あなた

えっ?

廉
いや?
あなた

ゲームやるの?

廉
やらへんよ
あなた

え、やろうよ

廉
ダメやって、夜更かししたら
あなた

おじぃに見つかったら怒られるもんね?笑

廉
せやなー
あなた

じゃあもう寝ちゃうの?

廉
うん、今日はもう寝る
そう言って廉兄は敷布団の上に寝転がった
あなた

紫耀兄来るまでいていい?

廉
えぇ、まぁええけど
あなた

じゃあ一緒に寝ちゃおーっと

廉兄の隣に寝てみた
廉
もぉうざいなほんま、
あなた

うざいって言っちゃダメだよー

廉
はよ部屋戻れや
あなた

やーだね

今度は廉兄に抱きついてみた


廉兄、うざいとか言いながらちょっと嬉しそう笑
廉
もぉ暑い〜
あなた

廉兄大好き

廉
ほら、もう離れてや

いつもは意地悪だけど、廉兄の照れてる顔好きなんだ