無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13、
…玄樹side…
玄樹
玄樹
そろそろ起きよ?
勇太
勇太
…ん
全然起きてくれないんだけど、笑
優太
優太
おいお前まだ寝てんのか
玄樹
玄樹
おじぃ〜(泣
優太
優太
え、なに?
玄樹
玄樹
勇太全然起きてくれない!
優太
優太
玄樹先にご飯食べてきな
玄樹
玄樹
ありがとう〜
そのあともおじぃに叩き起されてました笑



下に降りるとなんだか楽しそうな会話が聞こえる
紫耀
紫耀
任せたいけどさ、だるいとか言ってる奴に任せれる?笑
海人
海人
それなら俺に任せて欲しい!
玄樹
玄樹
おはよー、なんの話〜?
海人
海人
あ、玄樹おはよ!
紫耀
紫耀
あなた、部活サッカー部のマネージャーにしたんだって!
玄樹
玄樹
へぇー!廉もいるし心強いね!
あなた

まだ入れるとは決まったわけじゃないけどね笑

廉
そんなん俺が無理でもいれたる
海人
海人
こっわ笑
紫耀
紫耀
あ、そろそろ時間だ、廉たち着替えてきたら?
海人
海人
そだね、着替えてこよ
ごちそうさまでした!
廉
ごちそーさん
廉たちは2階の部屋に戻って着替えに行った

にしても勇太まだ起きてないのかな笑
あなた

ねぇ玄兄はさ、私に似合う部活なんだと思う?

玄樹
玄樹
似合う部活って難しいね笑
紫耀
紫耀
俺的にはチアリーダーなんだけどな笑
あなた

だから無いの!笑

紫耀
紫耀
はいはい笑
玄樹
玄樹
それってさ、スポーツじゃなくてもいいんだよね?
あなた

あぁ、うん

玄樹
玄樹
美術部とか、手芸部とかないの?
あなた

それがさ、私ね、絵は苦手だし、不器用だから手芸無理だって廉兄に断られてるの笑

紫耀
紫耀
親バカじゃん笑
玄樹
玄樹
親ではないけどね笑
紫耀
紫耀
あなたにデレデレなんだよ笑
あなた

それなら最初から優しくしてくれたらいいのに

紫耀
紫耀
そうだよね〜
廉
優しくなくてすみませーん
あなた

わっ、ビックリした、笑

海人
海人
まだ勇太寝てた〜
玄樹
玄樹
夜更かししてないのにな
あなた

なんかごめん

廉
謝んなや
海人
海人
お弁当と水筒と、よし、持った
紫耀
紫耀
いってらっしゃい
あなた

行ってきます

海人
海人
ちょ、弁当忘れてる笑
あなた

あ、笑

ほんとあなたはおっちょこちょいなんだから笑