無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

道で拾われたあの日から、ずるずるとお姉さんの家に住み着いて1ヶ月が過ぎた
過ごした時間の分だけ俺らは打ち解けたし、いろんな話をするようになった


俺
ねぇ、今日の昼オムライスがいい
お姉さん
お姉さん
好きだね〜、オムライス
俺
だって美味いじゃん



今の俺たちの関係は、どんな言葉で表されるんだろう


同居人?保護者?それとも居候してるヒモ男?

男女がひとつ屋根の下で暮らしていれば、どっちかは好意を抱くもんなんじゃないかと俺は思う
現に、俺はお姉さんのこと女の人として好きだ










俺
ねぇ、なんで俺のこと拾ったの?
お姉さん
お姉さん
何でだろうね〜



いつだってそうだ


都合が悪くなるとはぐらかして、なかったことにしようとする



今までは一緒にいられる時間の方が大切だったから、仕方ないって我慢してきた。


俺
俺はただ、知りたいだけなのに、、、




好きだから、知りたい



お姉さんの名前も、俺を拾った理由も、全部。