無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

Kouta.Y & Yuya.T
私の好きな人は

背が高くてスタイルが良くて

頭の回転が早くて

周りの人に優しくて

ちょっとポンコツなとこもあって

ふにゃって笑った顔が可愛くて

とってもお似合いの恋人がいる、、、らしい。

彼が誰のことを好きだろうと、私は彼のことを好きになってしまっていて
ただ近くにいられるだけでも嬉しくて。
だから私は何も知らないフリをして無邪気に彼に近づいて、なんて無駄な努力を重ねる


付け入る隙なんてないこと知ってるのに。