無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

今まで、色んな女の子と付き合ってきた


クラスのマドンナ、メンヘラっぽい子、真面目な委員長タイプ、素朴な感じの子、ボーイッシュな子
それぞれにそれぞれの良さがあるからどの子が1番っていうのはない
自分はそういう考え方の人間だと思ってたし、多分あなたもそう思ってると思う


だから、自分から女の子と別れたことには俺だって驚いてる



そもそも俺が別れを告げられる理由は俺の女癖の悪さか、あなたの存在の2つがほとんどで
それが気に食わないなら別れられてもしょうがないって思ってたし、どうせ顔目当てで寄ってきた子達だしなぁって心のどこかで思ってたのかも
でも、俺にだって大事にしたいものはある



俺のせいであなたに数えきれないくらい迷惑をかけてきたのも分かってる



もう見ない振りはしないって決めたから



慧
ねぇ、俺たち付き合う?