無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

>>21
あほの坂田。
あほの坂田。
じゃあ、スタート!!👏( 'ω'    )
桜依
桜依
(うゎ、始まっちゃったよ。)
私は今ソファにぽつんと座られている。
まふまふ
まふまふ
(よし、やるか)
そらうらさか
(まふ、どーするんだろ。)
ドンッ
桜依
桜依
へ?
まふまふ先輩は私と向かい合う形になり私を押し倒した。
桜依
桜依
(これでも、もう心臓バックンバックンだよ。)
まふまふ
まふまふ
……
桜依
桜依
まふまふ先輩…?
まふまふ先輩は黙り込んだ。
10秒経過
20秒経過
………
1分経過
あほの坂田。
あほの坂田。
(もぉー!なにしてんの?)
まふまふ!何してんの?
まふまふ
まふまふ
何すればいいかわかんなくなっちゃった。
うらたぬき
うらたぬき
なんでだよ、押し倒しといて。
まふまふ
まふまふ
だって、押し倒しただけでこんな真っ赤になってる桜依見たら可愛すぎてなにもできないよぉー。(可愛すぎてやばい)
桜依
桜依
(へ?!顔赤かった?!)
うらたぬき
うらたぬき
じゃあ、お前は終わりな。(確かにな)
あほの坂田。
あほの坂田。
つぎー!!!
桜依
桜依
(このゲーム恥ずかしすぎる…/////)