無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

>>11
桜依
桜依
(危ない危ない…)
次の日。
朝、学校。
桜依
桜依
(朝はなんとか坂田先輩達から避けられたけど罪悪感がすごい。)
お昼。
うらたぬき
うらたぬき
まふまふ今だ行けーー!!
まふまふ
まふまふ
はい!!行ってまいります!!
タッタタッタ…ε
まふまふ
まふまふ
桜依ー!
桜依
桜依
(∑(°口°๑)❢❢)え。
まふまふ
まふまふ
お昼一緒にたーべよー!
桜依
桜依
あの、すいません。今日もなんか気分的に…
まふまふ
まふまふ
昨日もだったじゃんー。
先輩寂しいから、ね?一緒に食べよ?
と言ってまふまふ先輩は私の服の袖を掴んだ。
桜依
桜依
いやあのー。
まふまふ
まふまふ
やだ!一緒に食べるっていうまで話しませーーん。
桜依
桜依
(困ったぞ、どーしよう)
んー(´・_・`)仕方ないですね。今日だけですよ?
まふまふ
まふまふ
やったー!いこいこ!
うらたぬき
うらたぬき
(ナイス!!まふまふ!)
あほの坂田。
あほの坂田。
(まふまふに負けた気分だ。৲( ˃੭̴˂)৴)
そらる
そらる
(まぁ、あれは断れねぇわ。)