無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

>>3
曲が始まった。
桜依はいつも通り歌った。
桜依
桜依
(よし、2曲歌い終わった。4人の方を見る。)
桜依
桜依
え、なんで固まってるんですか?
あほの坂田。
あほの坂田。
え、いや、うますぎやろ!
まふまふ
まふまふ
そうですよ!高音も綺麗だったし。
うらたぬき
うらたぬき
てか、曲かかった瞬間から桜依ちゃん曲に入り込んでた。すごく。
そらる
そらる
確かに、凄かった。
桜依
桜依
そうですかね。いつも通りですけど、でもありがとうございます。
うらたぬき
うらたぬき
🙏じゃあ、これで入部決定だな!
桜依
桜依
あ、いいんですか?
あほの坂田。
あほの坂田。
当たり前やない、あんな上手かったら。
そらる
そらる
じゃあ、これからよろしくね。
まふまふ
まふまふ
よろしくお願いします!
あほの坂田。
あほの坂田。
よろしくな!
うらたぬき
うらたぬき
よろしく!
桜依
桜依
あ、はい。よろしくお願いします。
桜依は、無事《歌い手部》に入ることになった。