無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

596
2021/03/31

第34話

34


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イチジ
イチジ
ギリッ
イチジ
イチジ
(妙に細いあの手足に
知らないことだらけで
料理というくだらないスキルも
習得しているあの出来損ない)
イチジ
イチジ
(が、全てアイツらに
仕組まれたことだと……?
ふざけるな……)
イチジ
イチジ
(いつもヘラヘラ笑っているくせに
全てを、ジェルマ王国の今後の
運命を背負っている……と)
イチジ
イチジ
(ひどい仕打ちを受けて
自分の状況を理解し
切磋琢磨していたと……)
イチジ
イチジ
……………………ギリィッ
イチジ
イチジ
……スタスタスタ


コウジュの部屋に向かう
イチジ
イチジ
……!(あかりが消えている…
チッ…明日探そう)
イチジ
イチジ
(爆弾か、下手には手を出せないのか
………………くそっ…)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





次の日

5人の談話室


🚪バンッ!
一部の人
っ!?
イチジ
イチジ
…… キョロキョロ
ヨンジ
ヨンジ
ど、どうしたんだイチジ……?
イチジ
イチジ
コウジュを見なかったか
レイジュ
レイジュ
コウジュならずっと見てないわ
イチジ
イチジ
見つけ次第俺の元に
連れてこい


🚪 バタンッ
ニジ
ニジ
急にどうしたんだ?
レイジュ
レイジュ
さぁ……?
ヨンジ
ヨンジ
…まさか、追い出すとかじゃないだろうな?
ニジ
ニジ
……
レイジュ
レイジュ
会いたくないといっていたのに
本当にどうしたのかしら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イチジ
イチジ
(コウジュと俺が揃えば
簡単に始末できるというのに……)





それから
コウジュを目撃したものはいなく
イチジは探し続けた



















だが見つからない
























そして1週間がすぎた