無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

ハイ&ロー
私が奥の部屋で寝ているとおにぃちゃんが入ってきた
コブラ
あや……大丈夫か?
あや
うん!もう大丈夫!
コブラ
そっか……
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
あや
おにぃちゃんの手安心する……/////
あや
あっ!そういえばあの人達は?雨宮兄弟とか言われた人達
コブラ
あぁーあいつらならもう帰った。なんだ?なんか気になるのか?
あや
気になるというか……なんだか懐かしい感じがした……まぁ気のせいだろうけどね!
コブラ
そうか……
ダン
たっ!大変や!コブラ!また攻めて来よった!
コブラ
またかよ……あやちょっと行ってくる
あや
うん……気おつけてね
コブラ
あぁ……
その日私は何を思ったのか喧嘩を見に行った……
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡