無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1
2021/09/18

第4話

✱3話
「…ッ………」
机が無い
周りを見渡してみるが矢張り無い
ねぇ、来たよ
不登校ちゃ〜ん
ちょっ、ふふっ
くすくすと笑う彼女らを見て思う
こんな事して何が楽しいの?
まぁ、言ったら言ったで酷い目に合うのだが
さて、どうしたものか
机がなくては授業が受けられない
窓から下を覗くと机が校庭に転がっていた
取りに行くしかないか……
自分はそんなに力が強い方ではない
机も重くて運ぶのにも時間がかかる
ホームルームは間に合いそうもないな……
まぁ、いいか
廊下をてくてくと歩く
学校にいる全員の視線が気になって気になって
狂ってしまいそうだ
「ういしょっ」
重……なにか入ってる…?
{ブス}
{ばーか}
{死ねばいいのに}
{死ね}
{学校来んなよ}
机をまさぐると沢山の紙が出てきた
はは……いつも通り
紙の無駄なのになぁ
………やっぱり慣れても嫌だ
でも、今日は耐えないと