第20話

ともかく心配
160
2023/08/20 13:05
あなた
はぁ…。はぁ…。
あなた
つ、疲れた。
ゴホッゴホッ
そうだ…。そもそも昨日よりかは
体調は良くなったが完全に
回復したわけではないんだから…。


モトキside
モトキ
モトキ
ど、どうしよ…。
シルク
シルク
一旦連絡待つか…。
もしかしたら
戻ってくるかもしんないし
モトキ
モトキ
うん、分かった…。






今の時間がすごい時が進むのが
遅く感じる


「大丈夫かな」「どこに行ったのだろう」
そんなことばかり頭の中で考える
ガチャ🚪
ンダホ
ンダホ
お~いッッ
ンダホ
ンダホ
って居た
シルク
シルク
あっ、ンダホ
ンダホ
ンダホ
いや、お前ら遅いから
どうしたのかなと思って
シルク
シルク
居ないんだよ
ンダホ
ンダホ
え?
シルク
シルク
あなたさんが
ンダホ
ンダホ
家の中のどこにも?
シルク
シルク
そう、だから可能性としては
外にいる可能性があるんだよ
モトキ
モトキ
そ、それで今あなたさんに
連絡先聞いてたから
LINEを送った
ンダホ
ンダホ
それで?
モトキ
モトキ
返事はまだ…。
ンダホ
ンダホ
そうか…。
あなたside
あなた
…。ここ、どこだ…。?
ハァハァ…。
あなた
ま、迷子…。?
ピコンッ📱
あなた
んッ…。?


LINE


モトキ

あなたさん?
今どこにいるんですか?



あなた
モトキさんからLINEが来てる…。
あなた
ど、どこって言われても…。
あなた
わ、分からない…。
どうしよ
そもそもの話
私が倒れていたのに助けてもらって
看病してもらってたのに…。
それ以上迷惑かけてどうしょう
あなた
ともかく…。ここは住宅街みたいな
ところだし一旦歩いてみるか…。
一歩一歩が辛い…。
あなた
ゴホッ
そして、あなたは
大きい通路に出た
あなた
一旦大きい通路に出たよ…。ゴホッ
シルク
シルク
ん~…。
シルク
シルク
アッ!そうだ!1つ思い付いたぞ
モトキ
モトキ
シルク
シルク
見つけれるか分かんないけどな…。
ンダホ
ンダホ
ほぅ…。





ふう
ふう
一日遅れだけどシルクくん
お誕生日おめでとう!!!!!!

プリ小説オーディオドラマ