無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第七話
嘘鬼
嘘鬼
( 'ω')?
嘘鬼
嘘鬼
何言ってんの気持ち悪い
童磨
冷たいなぁ
童磨
君ねぇ、呼吸二つ使えるから、俺達の中では結構厄介なんだよね
嘘鬼
嘘鬼
あっそ、お前切るだけだけど
嘘鬼
嘘鬼
=͟͟͞͞    '-' )=͟͟͞͞    '-' )=͟͟͞͞    '-' )
嘘鬼
嘘鬼
━━╋⊂(´、ゝ`)彡 スパッ (・∀| |・)
童磨
そんなんじゃ、俺は倒せないよ
嘘鬼
嘘鬼
そおいえばお前結構強い方の鬼だったなぁ、ごめん忘れてた
童磨
忘れるなんて本当にひどいなぁ
童磨
君をここで殺させていただきます
嘘鬼
嘘鬼
僕はそう簡単には死にません
嘘鬼
嘘鬼
あなたは邪魔ですさっさと死ねください
あーほんとうるさいなぁ
僕の嘘鬼を殺せとでも思ってんの
童磨
ますます君は厄介だな
童磨
まあいいわ、今日は帰る
童磨
やることあるし
童磨
でも、次会った時は必ず殺すから覚悟しといてねふふ
童磨
バイバーイ
嘘鬼
嘘鬼
アーアーアーアーアーアー面倒くさいやつに目つけられちゃったよー、もう面倒くさいわ
まぁでもしょうがないことじゃんそれよりも早く帰ろう
嘘鬼
嘘鬼
いや、まだ炭治郎達がいるから
いいじゃん、あんなやつら置いていこう
嘘鬼
嘘鬼
いや、ダメだよ
嘘鬼
嘘鬼
可哀想だし、僕が怒られるもん
だったら待ってるわ
炭治郎
炭治郎
あっ嘘鬼〜累〜もう来てたんですねってか終わってたんですか
嘘鬼
嘘鬼
そうだなぁさっさと帰る
伊之助
\( 'ω')/ヒィヤッハァァァァァァァア!!!
善逸
こら、落ち着け
嘘鬼
嘘鬼
てか、お前らボロボロな早く手当てしないとな、それじゃ次の戦いでも行けねえだろ
炭治郎
炭治郎
アハハハ( ˊᵕˋ ;)
炭治郎
炭治郎
ありがとうございます