無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第五話
不二の山
嘘鬼
嘘鬼
ここが不二の山かぁー
炭治郎
炭治郎
思ったよりも雰囲気ありますねー
善逸
えっ、何ここ怖えっ普通に怖いんだけどえっえっえっえっえっ行きたくないよ待って待って待って待っていきたくないよえ待って待ってやだやだやだやだやだ
伊之助
早く行くぞ
嘘鬼
嘘鬼
善逸も来いよ、命令されてんだぞ来なきゃダメだぞ
善逸
それでも絶対に嫌だやだやだやだやだやだやだやだ行きたくない人がない本当に行きたくない
嘘鬼
嘘鬼
行くと女子モテるよ
善逸
行きます
炭治郎
炭治郎
心の中(柱の嘘鬼が来るってことは結構強い、鬼がいるんじゃないか頑張らないとな)
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
嘘鬼
嘘鬼
………………
死ねぇぇぇー
嘘鬼
嘘鬼
スパ━━╋⊂(´、ゝ`)彡 スパッ (・∀| |・)
うぅー
。。。(lll __ __)バタッ
嘘鬼
嘘鬼
弱い
嘘鬼
嘘鬼
なんでこんなに弱いのに僕が呼ばれたんだ
嘘鬼
嘘鬼
でも……油断してちゃダメだ
カリカリカリ
嘘鬼
嘘鬼
ん?
嘘鬼
嘘鬼
どうした?
嘘鬼
嘘鬼
【累】
カリカリカリ
嘘鬼
嘘鬼
出して欲しいのか
嘘鬼
嘘鬼
いいぞ
嘘鬼
嘘鬼
ヨイショット。(」・ω・)」□。
(´・ω・`;)ハァー・・・
早く出してよね
嘘鬼
嘘鬼
すまん
別に良いけど
--------キリトリ線--------
嘘鬼
嘘鬼
はい、スランプから帰ってきたぞ