無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

美桜&流星
ー花ー
結愛と大吾は、二人で手繋いでお店を周りにあった 相変わらず中がいい二人
時々、結愛が羨ましくなってしまう自分が居る

私は流星に今日の一日目の文化祭が終わったら告白しようと思ってるんだけど、やっぱり流星と一緒にいるとドキドキして二人きりじゃないけど、いつもは大吾と結愛と4人でいるからすごいドキドキしてる…(. . /// )
大西流星
大西流星
花〜!
今井花
今井花
んー?どうしたの流星?
今普通に会話してるけど実際はすごいドキドキしてる…///流星の顔を見るのがやっとだ
大西流星
大西流星
僕達も二人でお店回らない?
なんか、他の子がお客さんがいまそんな居らんから行ってきていいよって!
今井花
今井花
え!ほんと?
お店回れるの??
大西流星
大西流星
うん!
今井花
今井花
やった!
ずっと、お店してたからほかのお店行けるの嬉しいけどそれ以上に流星と回れるのが嬉しい(​ *´꒳`*​)
大西流星
大西流星
それじゃあ、行こっか?
今井花
今井花
うん!
私は、そう言って流星について行く
そしたら流星が振り返って私をじっと見つめてきたから私は、ドキドキしていた
今井花
今井花
どうしたの?流星
平常心を装って私は、流星にそう言ってみた
そしたら流星が手を差し伸べてきた
今井花
今井花
え?///
大西流星
大西流星
ほ、ほら人多いやろ?
やからはぐれたら、大変やけん
だから…その///
流星は、照れているのか
ほんの少しだけ沈黙が続いていた
大西流星
大西流星
手…!
繋がへん?///
頬を赤らめてる流星はいつも以上に可愛いくてやばかった(. . /// )
私はもちろん
今井花
今井花
うん!繋ご?
そう答えて流星の手を握った
大西流星
大西流星
どこ行こか?
今井花
今井花
うーん、流星はどこ行きたい?
大西流星
大西流星
んー、あ、美桜あれ!
(指を指す)
流星が指を指した方向を見るとタピオカミルクティーのお店があった
大西流星
大西流星
あれ、買おうよ!!
今井花
今井花
うん!
そう答えてタピオカのお店に行った
お店の人
お店の人
いらっしゃいませー!
どれになさいますか??
大西流星
大西流星
美桜なにがいい??
今井花
今井花
私は黒糖ミルクティーにする!
大西流星
大西流星
じゃあ僕はチョコにする!
メニューが決まったから流星はお店の人に注文をしてくれている
大西流星
大西流星
黒糖ミルクティーとチョコレートミルクティー下さい!
お店の人
お店の人
かしこまりました!
チョコレートミルクティーと黒糖ミルクティーですね!少しお待ちください
わたしが、お金を払おうとすると流星が
大西流星
大西流星
僕が払うからいいよ!(​ *´꒳`*​)
と言って財布をだしてお金を払ってくれた
今井花
今井花
ありがとう
流星(​ *´꒳`*​)
大西流星
大西流星
全然いいよ〜!!
ー数分後ー
お店の人
お店の人
お待たせしました〜!
黒糖ミルクティーとチョコレートミルクティーです!
流星&美桜
ありがとうございます!
私と流星はお店の人にお礼を言うと
タピオカのお店を後にした
ーNEXTー