無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第18話

本編です
『さ、簓…』

簓「なぁ、もしかしてあなたもバトルに出るんか?なぁ、違うんよな?」

何かメンヘラチックで草

『……出ます。中央区から招待されたの。中央区には逆らえない…出るしかないでしょ…』

簓「……」あなた


『とにかく負けんからね』

簓「望むところや」


二人の間でヒバナが散っている間にいつの間にか中央区の人達に囲まれていた


「そこまでだ下郎ども!!!」

左「ああん?んだこのクソ女はよぉ」

銃「馬鹿野郎!彼女は内閣総理大臣補佐官及び警視庁警視総監行政監察局局長…勘解由小路無花果!!」
銃「彼女の指先ひとつで俺らなんてどうとでもできる大人しくしてろ!」

左「るっせえ。そんなん関係ねえ!面白がってっとこ邪魔しやがったんだ。ぶっ潰す」

無「これだから野蛮な男どもは…
おい入間」

銃「はい、なんでしょうか」

無「その獣はお前のチームのリーダーだろ?」

銃「その通りです」

無「明日があるから今回は見逃してやる…だが
2度目はない」

銃「重々承知しております」

無「分かればいい
次!山田一郎!」

一「…なんすか?」

無「お前はもう少し冷静な判断ができる男だと思っていたんだがな」

一「初めて会うアンタにとれのなにがわかんだよ」

無「私は行政監察局のトップだぞ?」

一「俺の情報はアンタに筒抜けってことか」

無「そういうことだ
その使い道のない脳みそに叩き込んでおけ」

勘解由小路無花果と名乗っためちゃくちゃ長い名前の女性は中央区の女たちを引き連れて中へ元っていった

一郎くんは悔しそうに拳を握りしめていた


ラ「レオナさんにちょっと似た人がいるンスね
俺様系的な」

『あー確かに』

ア「ここは複雑な関係なんですね」

『まあ、色々あったんだよ
アズール、弱みとか関係なしに深追いするのはやめてね』

ア「重々承知しておりますよ
にしても…ジェイドと声の似た人が本当にいるんですね」

『うん…(((』


簓「………」













※作者です

ナゴヤチームはなんて書いたらいいのか分からないので保留にします!


物語的には今後出すつもりです


ナゴヤチームは十四の口調が書きづらかったりヒプマイキャラの関係性は把握しているのですが、話がこんがらがってしまうという理由で今は書けないということです


チームの数としても夢主のチームが余ってしまうので…

夢主のチームだけが特別で初っ端から決勝へ進む訳にもいかないので…



ご理解頂けたら嬉しいかぎりです