無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

中央区から…?
何時間かかけてヒロシマディビジョンに着いた


あー故郷だ〜


やっぱり私はここが好き


なんだろう


あちこちから聞こえてくる方言が私には心地いい


家に着き、玄関のドアを開けようとすると、ポストに手紙が入ってあった


どこからだろうか…



手紙を見る前に差出人を確認する



だが、なんと差出人はあの中央区からだった



『え…?中央区がなんで私に?』



中身を見ると、第2回ディビジョンラップバトルに出場してもらう


開催される前にメンバーを見つけろ…


と書いてあった



『え?マイク持ってない…しかも私ラップできない…



まさかっ___!』



ポストの中にはおそらく手紙と同じく送られてきたであろうマイクがポストの奥にころりと置いてあった


しかも中央区からの命令は絶対…


この手紙からはそう読み取れる


そしたらこれは決定事項なわけで……


ディビジョンバトルの前に早くメンバーを見つけないと…



『ええ…どうしよう……』


そんな都合よく………







………………






………あっ、、いるわ





私は隣の街



ツイステッドワンダーランドに向かった