無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

本編です
『それじゃあ私帰るねん』


チーム名も決まったことだし


MCネームも何とか決まったし


ア「はい!今日は色々ありがとうございました…。」


ラ「また教えてくださいっス!」


『うん。いいよその時は連絡頂戴じゃな』

ラギーの返事を聞けばなんだか可愛くて心が暖かくなった

ア「ジェイド、フロイドお客様がお帰りになられます。表まで送って差し上げてください」

ジ「はい」

フ「はーい」




アズールが私を送るようにと言うと190cm越えのウツボが背後に立った


正直めっちゃこわい

でも本人たちはどっちかって言うと私に懐いてるしそんな気はないから大丈夫かな、うん


ジ「それではまたのご来店お待ちしております」


フ「またね〜」


『うん。ありがとう。また来る』


見送ってくれた2人に手を降れば2人も同じように手を振ってくれた





鏡を通って日本に帰るともうすっかり夜になっていた


前までいたオオサカディビジョン…ではなく

私はヒロシマディビジョンに一人暮らしをしている


『あ〜ここが落ち着く〜…』


帰ってきて一発目がこのセリフ

ただいまも言わない私

私らしくていいか



そういえばバトルに勝ったら全部の領土が自分のものになるって聞いたけど…

結構えぐくない?


今は日本とツイステッドワンダーランドが合体してるからどっちの世界も自分のものになるってことじゃん!?


やばぁ…これはもう


勝つしかないな!


簓にも日本一、じゃなかった
二つの世界だから…なんだ(?)
世界一(?)にさせるわけにはいかない!



ラップ練習沢山しとこ…