無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

376
2019/10/25

第20話

第15話
~あらすじ~

あなたへの気持ちを誰かに聞いて欲しくて

悩んだ末に裕翔に話すことにした慧。

話を聞いた裕翔が発した言葉は………
~本編~
僕に辛い現実を突きつけることになる。











































「あの日からあなたちゃんのピアノの音色が
忘れられないんだ。


まだ顔も見たことないんだけど、、

ずっとあなたちゃんのこと考えてて





それで
この気持ちを誰かに聞いてもらいたくて、」



裕翔
「いのちゃんさ、それ

あなたちゃんに恋してるんじゃない?」


「、、えっ??」


















裕翔
「いのちゃんは、



あなたちゃんのこと
好きなんじゃない?」











僕はあなたちゃんが好きなのか…………?







いくら素敵な演奏だったって





顔も見たことないこのことを好きになるなんて


















裕翔
「んでも、
ちょっと言いにくいんだけどさ」


































裕翔
「あなたちゃん

発光病だよ。」











「発光…病………?」










































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お久しぶりです🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

伊野尾りんです😊😊

今回からセリフの表示方法を変えてみました。





発光病は実際には存在していない

佐野徹夜さんの作品に出てくる病気で、、、

勝手に使わさせていただきます💦😅💦

発光病の設定を

私が変えたりするかもしれません😓😓

何卒ご了承下さいませませ🙇‍♀️


短くてごめんなさい😭😭