無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

310
2019/10/30

第24話

19話
~あらすじ~
~本編~






























- in おへや-




大貴
「んぁーーーー!」

「お腹いっぱぁーい!」



「そんなに食べたの?笑」

大貴
「いやぁー
まさか夕飯に中華が出るとは…」

「ラーメン2杯にシュウマイ9個
チャーハンなんて5杯以上食べちゃったよー」


「すごいな…😅」








大貴
「あ、そういえば」


「ん、?」

大貴
「裕翔と二人で食べてたけど、
何話してたのー?」


「、、んーと……」


大貴
「あ、、俺には言えないお話だったりする!?」


「そ、そういうわけじゃ…」

大貴
「んでも、知ってるよ、俺!」







「えぇっ!?」















大貴
「裕翔と

















ハロウィンパーティーの

仮装の相談してたんでしょっ!?」




「………はぇ???」

大貴
「楽しみだよなぁー!!!」


「ほ、??」

大貴
「それで?!
いのちゃんは何着るの!?🤩」


「は、はろうぃんぱーてぃー?」

大貴
「え?知らないの?」


「うん、、😅」

大貴
「明日ハロウィンでしょ?」

「明日は午後からの授業無しで
みんなでハロウィンパーティーなんだよー!!」



「そうなんだ、!」

大貴
「この学校って結構いろんな行事あるんだよー!」

「ほぼ生徒全員参加するんじゃないかな?」




「え…!そうなの?」

大貴
「イベントある時だけは
外出許可ってか部屋出ていいよーみたいな
許可下りる人もいるみたいだよー?」


「へぇー……」











大貴
「あ、!そうだ!!!」

「俺、明日の仮装の時
髪の毛デビルにしてもらうんだけど
いのちゃんも一緒になんかしない⁉︎」



「髪の毛、、、?」

大貴
「なんか雑誌で見たんだよなー」


「デビル以外にもできるのかな?」

大貴
「もっちろん!
俺、いのちゃんは猫耳どうかなー、
なんて思ったりしてるんだけど、どう?」


「あ、やってみたいかも!」




大貴
「友達に美容師養成コースの子いるからさ!
言っとくー!」



「ありがとう!」












楽しみだなぁ……











あなたちゃんは参加するのかな……
































あ、僕
またあなたちゃんのこと考えてる。














ここんとこ、頭の中あなたちゃんばっかだ。