無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

306
2019/10/31

第25話

第20話
~あらすじ~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~本編~















- today is Halloween👻🍭 -










大貴
「いのちゃぁーーーーーん!!!」


「ほーーい?」

大貴
「髪の毛見ーせてっ!」


「いいよー」




くるっはーい」
大貴
「うぉっ!!?」



「うぉっ、って笑」

大貴
(いや、いのちゃん可愛すぎだろ…)



「じゃあ、いこっか!」

大貴
「お、おう!」

大貴
「ほんじゃ、美容師さんあんがとねー」

大貴's friend
「美容師さんて!!!笑」





















- in だいほーる -











裕翔
「だーいちゃーん!!
いーのちゃーん!!」


大貴&慧
「「ゆうとー!!」」



大貴
「いやぁー、みんな気合入ってるなー」


「僕たち髪の毛だけしかしてないもんね笑」

裕翔
「俺、タキシード!!🎩」

大貴
「俺らも仮装すればよかったねー」

裕翔
「そろそろパーティー始まるよ!
行こう!」

大貴
「おう!!」




















慧 → 裕翔
小さい声で山田は…?」


裕翔 → 慧
「あ、、山田は……」

慧 → 裕翔
「?????」

裕翔 → 慧
「めっちゃ言いにくいんだけど…






























たぶんあなたちゃんに会いに行ってると思う……」








「...え??」



裕翔
「俺も今日まで、
っていうかさっきまで知らなかったんだけど






準備できたから部屋出るよって声かけたら
もうすでにいなくて。」






「机に"夜ご飯まで音楽室います"
ってメモあったからさ、、」


「多分………」












「………。」











今、あなたちゃんは山田といるんだ……



































裕翔
「っえ!?!?」

「いのちゃん!?」
































気づいたら走り出していた、






















音楽室に向かって。