無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16話
黒い少女はハイドラを持って勢いよく駆け出した。
ナル
ナル
まっ…後ろ!
カズハ
カズハ
( ◠‿◠ )…
カズハ
カズハ
こんにちわ…。
‼︎…ひっ…
チャージ中巧みに振り返り敵をあっさりとキルする少女。

ハイドラを使い慣れてない人じゃ出来ない匠の技。
(なまえ)
あなた
カズハ…なの?
カズハ
カズハ
カズハだけど…どうしたのあなた?
名前を呼ばれて小さく心臓が跳ねる。

怖くなって上手く舌が回らない。

上手く立てない。

武器を落としそうになる。
カズハ
カズハ
あなた…?
顔を上げると息がかかる距離にカズハ…の顔があった。
(なまえ)
あなた
いやっ…
怖い。

       怖い。

                 怖い。
(なまえ)
あなた
助けて……。
自然と両目から大粒の涙が溢れる。
カズハ
カズハ
あなた。
(なまえ)
あなた
……カズハ…?
カズハ
カズハ
どうしたの?

試合中だよ?
(なまえ)
あなた
ぇ…ライムとかナル君は…
カズハ
カズハ
先に何とか前線粘ってくれてる。
カズハ
カズハ
ほら早く行くよ。
(なまえ)
あなた
グスッ…う…うん…。
今は…大会の途中…だから


       頑張らなきゃ…。