無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21話
(なまえ)
あなた
あ。ライムさーん!
ライム
ライム
あなたさん。どうしました?
…どうしよう何の用もなく話しかけちゃった…。

何で誤魔化せば…。

何か…色々あって信用が出来ない…。
ライム
ライム
そうだ!

大会終わったしみんなと合流でもしますか?
みんな…あぁ9人組か。

そういえば姿なかったな…。
(なまえ)
あなた
うん!行く!

あけどお手洗い行ってくるから待ってて!
でも私は知ってしまった。

お手洗いでこっそりスマホを見た時だった。
(なまえ)
あなた
(リクから送られた写真…)
森の中に立つ小さな小屋。

そして「ここに来てくれ」の一言の短いメッセージ。
(なまえ)
あなた
(何かあったの…?)
(なまえ)
あなた
ライムさん…ちょっと私用事が…!
ライム
ライム
大丈夫ですか…顔色悪いですけど…。

試合中も顔色が…。
(なまえ)
あなた
大丈夫!

ちょっと行ってきます…!
ライム
ライム
僕も行きますよ。

迷惑じゃなければ…。
何か…あったんだ。

多分みんな武器も持ってない…よね。

人数も…多い方がいいよね。
ナル
ナル
何かあったんですか〜?
私は話すことにした。
(なまえ)
あなた
それが…ミユが山奥に誘拐されたの!
ナル
ナル
(ん…山奥…?)
カズハ
カズハ
誘拐⁉︎

と…とにかく武器を借りて…
ライム
ライム
残念です。
(なまえ)
あなた
⁉︎…だれ…
武器を借ろうとメンテ中の部屋に入ろうとすると

目の前に男が立ちはだかった。
ライム
ライム
…おや…ナル?

どうしました?
ナル
ナル
あ…あ
男の「手」がポケットの中で動いた。

同時に何かカチッと音がした。
(なまえ)
あなた
(え…あの髪色…ライムさん…?)
ライム
ライム
僕たちの計画を忘れたんじゃないですよね。

大会を理由に武器を回収。

そして僕たちの裏切り者を処罰。
ライム
ライム
あのリッターの…ロッカでしたっけ?

アイツは無能。

ハイカラスクエア壊滅だけの利用。

あの娘を殺しハイカラスクエアを壊滅させる…

味方の記憶も出来事も全ては

あの傘使いのチーターの能力で無駄に…。
どうゆうこと…ハイカラスクエアを崩壊…?
ライム
ライム
僕は相手の能力ちからを無能化出来るので

記憶は飛んでないですけど…。
ライム
ライム
ナル…君はどうやらまだ不完全な様ですね。
ナル
ナル
あっ……
ライム
ライム
個性婚から生まれた君は

難しい力を持って生まれた。
ライム
ライム
思い出しなさい。
ライム
ライム
君の仕事は僕たちの邪魔者を始末すること。

僕たちの裏切り者…。
ライム
ライム
ミユの始末。
ナル
ナル
…行って…きます。
ミユが裏切り…?
(なまえ)
あなた
待って…
何か…忘れてる気がする…。

過去に…私たちに何か…。
ライム
ライム
ここから先は行かせませんよ。
大会のスタッフたちが私たちを取り囲む。
カズハ
カズハ
ちょっと‼︎何がどうなってんの⁉︎
ライム
ライム
全ては計画ですよ。

あなたさんには私たちの計画を邪魔された。
ライム
ライム
本当は始末するのはあなたさんたち…

負け犬のみなさんだけでしたけど…。
ライム
ライム
運悪くマッチングしたカズハ。

あんたも同罪です。
カズハ
カズハ
は⁉︎

マッチングしただけで⁉︎
ライム
ライム
どうでもいいでしょう?捕まえなさい。
(なまえ)
あなた
きゃっ…離して!
狭い視界。

剥がれ落ちる緑。
カズハ
カズハ
離せ。
次々とスタッフたちが倒される。

黒の少女は頑丈な扉を蹴り飛ばした。
カズハ
カズハ
いや〜さすが運動部の私!
カズハ
カズハ
あなた?

早く武器持って!
(なまえ)
あなた
あ…うんっ…!
ライム
ライム
…。