無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第22話

22話
カズハ
カズハ
とにかくっ…みんなの分持ってくよ!
(なまえ)
あなた
で…でもっ…あの男が…………居ない…?
カズハ
カズハ
さっき山奥って行ってたよね。

もしかしたら先回りしたのかも…。
カズハ
カズハ
場所‼︎…分かる?
(なまえ)
あなた
リクからスマホのスクショ送られてきた!
私はスマホの写真を見せる。

相変わらずミユの位置は移動していなかった。

今から走れば間に合う…
ライム
ライム
今すぐ会いたい?
ライム
ライム
大切な人の元へ。
(なまえ)
あなた
(嘘)
カズハ
カズハ
っ……。
無理やり小屋の板を蹴り破って中に入る。

床に力無くミユが転がっていた。
(なまえ)
あなた
(遠くからでも分かる)
ミユの息が…止まってる。