無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17話 +連絡
連絡…
カズハ
カズハ
この作品の説明欄見た?
説明欄更新しました…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)ゴメンナサイ
カズハ
カズハ
そういう内容あるかもしれないから

苦手な人はGO Back。

あとこっから少し怖くなってくるよ。
カズハ
カズハ
んじゃ本編読め。

読まなかったら?


泣くまで虐める。
作者)カズハちゃんの愛とは何でしょうね…?

   歪んだドロドロの愛でしょうか…?

   
        ゾクゾクするなぁ…
〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜
(なまえ)
あなた
……ッ
何で…

よく分からない恐怖心に支配されて足が震える。



     泣いちゃダメ。


そう思えば思うほど

怖くて視野が狭くなって涙で滲んで
カズハ
カズハ
あなた…?

あなた…どうしたの?
ライム
ライム
どうしましたか?
ライムが振り返って私の方にやって来る。
(なまえ)
あなた
大丈夫…バトル…続き…
何で…

      私
          どうしちゃったの?
(なまえ)
あなた
あっ……ぅ…
(なまえ)
あなた
大丈夫…大丈夫だから!
   私は…何も見てない。
(なまえ)
あなた
私潜伏してるから…みんなは前線キープで!
ライム
ライム
分かりました…けど無理しないでくださいね。
…何で…

みんなも見たでしょ…?
カズハ
カズハ
…。
(なまえ)
あなた
っ…
緑が

           綺麗な色が剥がれて

  黒に染まる瞬間を
(なまえ)
あなた
……ッヤッ…
インクの中で小さく声が漏れる。
えっと…
(なまえ)
あなた
⁈…
さっきのことに気を取られて敵に気づかなかった。

急いで武器を
大丈夫…?
(なまえ)
あなた
えっ…
泣いてたでしょ?
(なまえ)
あなた
いや…その…近い…
私が声を出した時
ナル
ナル
ちょっと…?
(なまえ)
あなた
はわっ…
いきなり声が聞こえた

 と思ったらいきなり視界が真っ黒になる。


柔らかい柔軟剤の匂いがする。


服の袖か何かで隠されたのかな…まったく見えない。
ナル
ナル
何か変なことしてないよねぇ…?
誰…。

 こんな低い声…聞いたことない。
ナル
ナル
ちょっと乱暴にするよ?
(なまえ)
あなた
きやっ…っ…
服の後ろ首を掴まれ引き摺られる。

乱暴に床に投げ捨てられると視野が広くなった。
ナル
ナル
そこで大人しくしててよね。
近くでロボットボムの起動音と爆発音が聞こえた。
ナル
ナル
さて…ここまで追いかけて来るのー?
ナル
ナル
…本当めんどくさいですねー。
(なまえ)
あなた
…ナル…くん…?
ちょっと邪魔〜消えて。
心配して損したというような顔で突っ込んでくる敵。
(なまえ)
あなた
ロングブラスターー…⁉︎ 危なぃ
ナル
ナル
…動きが丸見え
すらりと直撃を交わし接近し敵を倒すナル君。
(なまえ)
あなた
⁉︎……っ
ナル
ナル
大丈夫でしたか〜?
(なまえ)
あなた
あっ…
さっきの…ナル君の…

   冷たい眼差しが気になって…




        また恐怖に堕とされる。