無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話
深呼吸を繰り返しゲームのスイッチをオンにする。

すると僕の意識はゲームの世界へと消えていって…
(なまえ)
あなた
(ふぅ…とうとうやって来たな…この日が)
ライム
ライム
あなたさーん!こっちですー!
(なまえ)
あなた
あ…ライムさん!
なんとか人混みをかき分けライムさんのところへ走る。
ナル
ナル
遅いですよ〜♪
カズハ
カズハ
もぅ…楽しみで寝られなくって♪
ライム
ライム
寝てないんですか?

倒れたらダメですし仮眠でも…
カズハ
カズハ
ダメダメ!他の人の試合もちゃんと見ないと!
ナル
ナル
観客席はこっちみたいですよ〜♪
今日は待ちに待ったスプラの大会。

大会に参加する人に見に来た人…

たくさんの人で溢れかえっている。
(なまえ)
あなた
でも…私9人組の方も出るから…
ライム
ライム
4人組は9人組戦の後みたいですね。
ポスターを見たライムさんが言った。
(なまえ)
あなた
じゃあみんな。また後でね。
僕はログアウトした。
(なまえ)
あなた
(ふぅ〜切り替え完了!)
事前にLIN○にて「マイの喫茶店に集合」と連絡があったから

まずはマイの喫茶店に向かう。
ナル
ナル
あなた楽しみですね〜♪
カズハ
カズハ
あんな可愛い子なら敵さん倒せないでしょ〜w
ライム
ライム
アハハ
喫茶店に向かう途中ライムさんたちの声が聞こえた。
(なまえ)
あなた
みんっ…
僕カセット版とダウンロード版で姿違うんだった…。
(なまえ)
あなた
(…気づかなくても応援してね…みんな)
しばらく歩くと喫茶店が見えた。
マイ
マイ
いらっしゃい♪
(なまえ)
あなた
準備バッチリだよ。
マイ
マイ
そんなの当たり前でしょ!

ってあなた〜…急いできたの?
(なまえ)
あなた
へ…?
マイ
マイ
髪ボサボサだよ?

はい直すからこっち来て。
(なまえ)
あなた
えぇ〜別にどうでもい
マイ
マイ
良くない…ね☆
(なまえ)
あなた
…はーい。