無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

指輪~冬馬との架け橋~
鹿島聖人side
冬馬が亡くなってちょうど一週間が経った
クラスの雰囲気は……
『絶望』この言葉が1番似合うぐらい
落ち込んでいた。なのに、小鳥遊は……
小鳥遊未来
あいかぁ!
平塚愛華
…どうしたの?
小鳥遊未来
冬馬がね、私に、可愛いよって
言ってくれたの!いいでしょ~💕
平塚愛華
……未来、あのね、冬馬は死ん……
小鳥遊未来
黙って!死んでないもん。
私の隣にいるもん!!
小鳥遊未来
毎日毎日、朝のおはようも、
寝るときのおやすみを交わしてるんだよ!
死んでるはずがないでしょ!!
平塚愛華
そうなんだ……。
鹿島聖人
ごめんな、平塚…
俺がホントのこと話さないばかりに……
平塚愛華
ううん!聖人のせいじゃないよ?
誰も…誰も悪くないんだよ
------------------------------------------------------------------------------------
小鳥遊side(学校の屋上にて)
小鳥遊未来
冬馬ー!見て見て!!
空が綺麗だね!
指輪を空に向ける
小鳥遊未来
え?私の方が綺麗?
やだ~/////もう冬馬ったら~/////
ガチャッ
小鳥遊未来
あ!聖人だ!ごめんね!
今ね~冬馬と話してるの!
ちょっと待っててね!
鹿島聖人
っ!
グイッ
鹿島聖人
いい加減にしろ!!!!
冬馬はもうこの世にはいねぇんだよ!!
鹿島聖人
いつまでも、いるはずない冬馬に
話しかけてんじゃねぇよ!!
小鳥遊未来
え?(笑)
何言ってんの?冬馬は、いるよ?
小鳥遊未来
ほら!
鹿島聖人side
そう言って、小鳥遊は俺に
指輪を見せた
小鳥遊未来
ちょっとちっちゃいけど、
冬馬だよ!ちゃーんといるもん!!
鹿島聖人
こんなのただの指輪だろ!
冬馬な訳ねーだろ
小鳥遊未来
もういい!
言っても分かってくれないなら、
言ってもしょうがない!!
行こっか、冬馬!
パーン
小鳥遊未来
っ痛い!
鹿島聖人
目ェ覚ませ。
もう一度言うぞ?
冬馬は、い、な、い!!!!
ガチャッ……ドンッ
小鳥遊未来
冬馬ー?ごめんね!聖人、怒っちゃったね!
帰ろっか!