第32話

降参
268
2018/10/05 10:15
三浦 友哉
……。
真が俺の涙を拭って、改めて記憶が戻ったと
自覚が出来た
お前も目に何か溜まってるけどな…
菊池は何回も何回も……
小学校時代からやられるといい加減に頭にも
くる頃だ
俺に人を殺せるかは分からないけど…
颯真の掛け声がかかり、全員が走り出す


すると瑠川が俺のところに来て…
瑠川 美玲
友哉!1人で突っ込まないで!
颯真が付いてくれるから2人で
菊池妙恵を!今さっき明神君
からの指示がきた!
三浦 友哉
何て?
瑠川 美玲
可能なら、リーダーを生け捕り
って。ゲームが終わった時に、
チームに入ってもらいたい。
三浦 友哉
はぁ!?アイツが入る!?
瑠川 美玲
そう。リーダーということは、
それなりの力があるっていうこ
と。だから、私達が菊池妙恵に
求めるのは…降参!
三浦 友哉
で、肝心の明神は?
瑠川 美玲
この公園に向かってる。じゃ、
頼んだわよ!!
瑠川走り去り、颯真が俺のところに来た
目黒 颯真
早く犠牲が来る前に行くぞ。
三浦 友哉
あ、ああ!!
止めていた足を動かす


横目で真を見ると、翔太の縄を解いている


あれなら、大丈夫か…
目黒 颯真
友哉、前を見ろ!!!
三浦 友哉
え…
男子
死ねぇぇぇぇぇぇ!!!
俺に振り降ろされた金属バットを腕で受ける


その瞬間、腕に激痛が走った
バンッ!!
颯真がその男子を撃ち殺す


その顔は少し辛そうだった…
目黒 颯真
友哉。前を見て、走ろ…。
三浦 友哉
ご、めん……
腕が物凄く痛い


もしかしたら、折れてるかもな……。
そんなことを思いながら、菊池に向かって、
走る
菊池が銃を放ち、目の前でチームメイトが殺されていく
リーダーになる力があるのは本当、ってか…
三浦 友哉
……菊池。
菊池 妙恵
何よ。
三浦 友哉
頼むから…降参してくれ……。
菊池 妙恵
はぁ?
三浦 友哉
頼む…。
もう誰も死んで欲しくなかった。
菊池に頭は下げたくないが、俺は下げる。
菊池 妙恵
…アンタのリーダーが降参すればいいじゃない。
三浦 友哉
今はいない…。
少し顔を上げると、菊池は困ったような表情
で俺を見ている。
菊池 妙恵
……分かった。その代わり!
三浦 友哉
その代わり?
菊池 妙恵
私がやったことを許して…。
ちゃんとアイツにも謝るから。
三浦 友哉
ああ、分かった。
”アイツ”とは多分、真のこと。
菊池 妙恵
…私達の降参を宣言する。
ピロンッ♪
09/03 19:42
To:GM
title:Return
サバイバルゲーム終了
〈生存者〉
菊池妙恵チーム→10名
明神柚輝チーム→11名
降参宣言により、明神柚輝チームの勝利

リーダー、明神柚輝は10分以内に菊池チームから5名をチームに加えろ。
09/03 19:45
To:明神柚輝
title:チーム加入者
菊池妙恵、篠原絢香
飯島哲太、平野俊、富塚慧
以上5名。
明神からのメールが俺達に届いた瞬間、5人
以外の菊池チームの人から血飛沫が上がった
三浦 友哉
……。
菊池 妙恵
藍川、ごめん。
夜霧 真
大丈夫大丈夫。
菊池が申し訳なさげに真に謝る。


謝られた真は笑顔で大丈夫とだけ言った。


本当に大丈夫ならいいけどさ…。
────────────────────────────
〈作者から〉

次の話から暫くは夜霧真目線で書きます!