無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2.
学校に着いた。

【1-2組の教室】

私は転校生だからみんなの前で紹介される。



なんか見たことある男子がいるんだけど。
先生
先生
じゃああなたの席は
先生
先生
石橋の隣だ
石橋遼大
石橋遼大
え、俺っすか?
先生
先生
ちゃんと助けてやるんだぞー
石橋遼大
石橋遼大
はい、


あの子やん。バスにいた子じゃん。
あなた
よろしくね。
石橋遼大
石橋遼大
う、うん。

後ろの席で、
後藤拓実
後藤拓実
おいバシ大丈夫かよ。
都築拓紀
都築拓紀
まあ大丈夫なんじゃねえの。