無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

26.
石橋side.



俺が連れて行くべきだったよな。

都築には感謝だけど少し嫉妬がある。
あのとき俺は何してたっけ。


確かあのときは暑かったから水分補給して拓実と話してた。

都築は記録係をしていた。


真面目にしてたらあなたを連れていくことが出来たんだろうな。


日々の行いが悪いってことですか。


あなたside.



寂しいな、

保健室の先生がいるから一人じゃないけど



遼大と話したい。


会いたいよおおお!(温度差)





あ、もしかして重い?
ドラマとかで重い人よく見るけど
あんな感じ??


(学校のチャイム🔔)
2時間目終わったじゃん。


遼大来るかな(っ ॑꒳ ॑c)