無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第35話

34.
あなたside.



教室に行くと遼大と誰かが話しているのが見えた。


私は二人に気付かれないように会話を聞いた。
あ、なんか言い合ってる感じ?



あいり何かしたのかな。



二人の言い合いが終わると私は遼大に話しかけた。
あなた
遼大おはよ。
何かあいりとあったの?
石橋遼大
石橋遼大
何もないよ
あなた
ほんと?

遼大は沈黙している。


私が話そうとした瞬間、
石橋遼大
石橋遼大
女子が怖くなった。
石橋遼大
石橋遼大
全てが信じられなくなった。
あなた
それは、、どうゆうこと?
石橋遼大
石橋遼大
俺はあなたのことが好きだけど、あいりが「あなたには他に好きな人いる」って言った時、すごい不安になった。
石橋遼大
石橋遼大
あなたは俺以外に好きな人いるの?
あなた
いないよ。
石橋遼大
石橋遼大
それなら安心だけど、
石橋遼大
石橋遼大
あいりと話してから女って平気で嘘つくんだなって思った。
石橋遼大
石橋遼大
俺、恋愛苦手っぽいわ。
あなた
私は絶対そんな事しないから。
あなた
安心して。
私は本当に遼大を安心させられたのか。


少し不安。



石橋遼大
石橋遼大
うん、少し安心できた。
あなた
良かった良かった!!