無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

頑張る②
伶菜
北人先輩ですか?
北人
うん、そうだよ
伶菜
電話、かけてもいいですか?
北人
ごめん、いま忙しいから夜でもいい?
伶菜
全然大丈夫です!待ってます!











北人先輩だ…








まさか、連絡が来るなんて思ってもいなかった。
































わたしはある人に言いたくて言いたくてたまらなかった。













壱馬
伶菜…




お互いちょっと気まずかったけど…。







伶菜
さっき、北人先輩から連絡が来ました
壱馬
え?!北人から?
伶菜
うん…
壱馬
そっかぁ
玲於
え?北人がどうかしたの?
壱馬
なんか伶菜に北人から連絡きたんだって
涼太
え、まじで?










そしたら先輩たちも集まってきて…













亜嵐
会えるなら会いたいよねー
龍友
たしかに!
伶菜
あ、じゃあわたし聞いときましょうか?
龍友
え、なになに、電話でもするん?
伶菜
はい…約束しました…
亜嵐
えー、俺も電話したーい
玲於
俺も俺も





先輩たちに誘われて、また今度、って返事した。







話してたから、壱馬くんの方見てなくて、

こんな会話してるなんて知らなかった…






























広臣
ね、壱馬、電話するんだってね
壱馬
…そうみたいですね
広臣
いいの?
壱馬
…別に…何がですか?
広臣
あんな曖昧なことしてさー、いつか離れちゃっても知らないよ?それか…
壱馬
ライバル、多いですもんね…