無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

事件③
生徒
伶菜ちゃん
生徒
ちょっと来て




わたしはふたりの女子の先輩に呼び出された





でもだいたい、予想はついていた

伶菜
っえ…
生徒
先輩がかわいそうだよ
生徒
だから、これくらいの罰はうけてよ




一瞬だったからよく分からなかったけど、

左頬がヒリヒリする…








生徒
この間の会話、聞いちゃったんだー
生徒
…壱馬先輩だけ、なんだって?
生徒
他の6人の先輩はどうでもいいみたいなさ
生徒
それはないよ
伶菜
生徒
なんか答えなって
あっ、やばい…







このままだと


















階段から落ちる…