無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

保健室③






























伶菜が倒れた時は、みんなみたいに動揺した。





いや、みんな以上に、かもしれない。










だって、何も言葉を発せなくなったから…















壱馬
俺が運びます。
広臣
え…壱馬?








振り向かずに、伶菜ちゃんを抱きかかえて

保健室に向かった。



















亜嵐
…ごめん、玲於
玲於
俺も、悪かったと思ってます
龍友
よし、仲直りしたところで、伶菜ちゃんの所いくかー
広臣
ちょっと、待って
龍友
え…なんで…
広臣
あのふたり、そっとしておいたほうが良くない?
玲於
…広臣先輩って、伶菜ちゃんのこと好きなんですよね。だったら

































  










あれ…ここってどこ??