無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

告白③
北人
壱馬…俺、伶菜ちゃんと約束してたんだ。
壱馬
そうなんだ。じゃ、俺外で待ってる
伶菜
…話って、なんですか?
北人
…好きです。俺と付き合ってください。






…壱馬先輩に聞こえてるんじゃないかな





















この考えは的中したみたいで、

北人先輩がそう言った瞬間に足音が止まった。












北人
壱馬、別に聞いててもいいよ


北人先輩は大きな声でそう言った。



北人
…伶菜ちゃん。俺、ずっと前から伶菜ちゃんのことが気になってて
伶菜
…はい
北人
バスケ見ててくれたときも、水族館のときも、ずっと…
伶菜
北人
…好きだ
伶菜
ごめんなさい。知ってると思うけど私好きな人がいるんです。
北人
…そっ、か。どっかで、それが自分だったらいいなって思ってた…バカだな
伶菜
…ごめん…っえ
北人
最後に、ちょっとだけ、こうさせて…
伶菜
…え?最後…?
北人
…今までありがとう。楽しかった




抱きしめられてた体が軽くなり北人先輩の方を見ると、

ちょっとだけ目が赤かった。









壱馬
北人!最後ってどういうこと?!
北人
壱馬も、ありがと。ほんと、楽しかった












北人先輩はそのまま教室を出ていった。