無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

アンナの恋②
いろいろあって、今、あこがれの涼太先輩が隣にいます…























涼太
ごめん、名前、アンナで合ってる?
アンナ
はい!合ってま、す…
涼太
伶菜ちゃんからよく話聞くからさ〜
アンナ
涼太先輩、…近いです
涼太
アンナちゃんて可愛いんだね
アンナ
…っ








ずるいよ…









みんなにそんなこと言えるなんて…
























涼太
そういえば伶菜ちゃんどこいったんだろ






いま、伶菜の気持ちがわかった気がする。





好きな人が振り向いてくれない辛さって











他のどんなことよりも苦しい





















涼太
おーい、アンナちゃん?
アンナ
あ、ごめんなさい…













やばい…沈黙…



























アンナ
先輩って、伶菜の事、どう思ってるんですか?









なに聞いてんだわたし…


















涼太
んー、どう思ってる、かぁ
アンナ
はい…
涼太
…ごめん、今は何も言えないんだ。
アンナ
そう、ですか…
涼太
でもアンナちゃん、仲良くしよ!
アンナ
え?!いいんですか?!
涼太
うん!よろしく!













仲良く、かぁ