無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

電話③
壱馬
もしもし…
伶菜
…壱馬くん?どうしたんですか?
壱馬
いや、とくに用は無いんだけど…





…北人先輩と話したことを思い出した。











伶菜
壱馬くん、今週末遊ぶとき、一緒に行きませんか?
壱馬
えっと…集合場所まで?
伶菜
はい。だめですか?
壱馬
ううん、いいよ。一緒に行こ!
伶菜
はい!
壱馬
…なんか、伶菜かわったよね
伶菜
変わった…?
壱馬
うん。入学したときはなんかもっと…
伶菜
もっと…?
壱馬
おとなしかったっていうか…
伶菜
じゃあ今は…?
壱馬
明るくなった?なんかキラキラしてる感じ?
伶菜
なんで疑問文なんですか
壱馬
ふは、ごめん。でも、ほんとのことだよ。いまの伶菜のほうが、すき
伶菜
わ、わたしも壱馬くんのこと、好きです…
壱馬
…ありがと。じゃ、また明日
伶菜
はい…












やばい…今の、












ドキドキした…