無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

電話②





僕は、行動をしようと思った。





自分の気持ちに気づくためにも…





























涼太
…もしもし、アンナちゃん?
アンナ
っえ?!…涼太先輩!
涼太
ごめんね急に。伶菜ちゃんに連絡先もらったんだ
アンナ
そうなんですね…
涼太
今ひま?
アンナ
はい、まぁ、ひまっちゃひまです
涼太
じゃあなんか話そ!
アンナ
はい、喜んで
涼太
あ、そういえば今週だよね、遊ぶのって
アンナ
ですね!
涼太
たのしみだなー
アンナ
…ほんとに、私も行っていいんですか?
涼太
うん、もちろん
アンナ
ありがとうございます…
涼太
…アンナちゃんと遊んでみたかったし
アンナ
わたしも、涼太先輩と、遊びたかった、です











やっぱり俺…


















涼太
アンナちゃん
アンナ
はい、なんですか?
涼太
…俺も、借り物競走で。
アンナ
えっ…
涼太
じゃあまた明日!








涼太先輩…









期待しても、いいですか?