無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

北人①
北人
あぁ、やっぱり辛いな…









俺はさっき伶菜ちゃんに告白した。













でも断られた。












最後なのに









ほんとに、最後なのに…

































これは、少し前の話…





























北人
ただいまー
お母さん
おかえり。…ちょっと、話あるから座って
北人
うん。








その時聞いた話は、簡単に言うと、転校

の話だった。













お母さん
だからさ、北人…
北人
…なんで、転校しなきゃいけないの?
お母さん
ずっと、北人はバスケをしたいって言ってたじゃない
北人
でも俺は今の学校がいいんだよ
お母さん
でも、悪い話じゃないよね?だったら…
北人
絶対、転校なんてしないから
お母さん
北人!ちょっと待ちなさい!













俺は家を飛び出した。