無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

デート②
玲於
…ついていくしかないな












































デートの場所は、亜嵐先輩が決めてくれるって言ってた。



ちょっと楽しみかも…














亜嵐
デート、今週の日曜日でもいい?





と、連絡が来た










そういえばデートに誘われたとき連絡先聞かれたんだった


壱馬先輩の連絡先も欲しいな…


















伶菜
はい、大丈夫です!
亜嵐
良かった。じゃあ日曜日の10時でいい?
伶菜
はい!
























実は、誰かに見られてた気がしたんだ。

だから、連絡をして聞かれないようにした










けど、無駄だった…





玲於
へぇー、日曜日の10時ですか…
亜嵐
っちょ、何見てんの!
玲於
いや、気になって
亜嵐
絶対ついてくんなよ
玲於
そういうこといわれるとー
涼太
だよね
亜嵐
涼太まで…
広臣
なになに?デート?
亜嵐
デート?って、もう絶対聞かれてたー
広臣
当たり前。
北人
知らない人いないと思いますよ。ね、壱馬
壱馬
うん、知ってた
亜嵐
はぁー…
涼太
全員でついて行っちゃうしかないね
亜嵐
いや、それだけは…
玲於
いいでしょ
亜嵐
…だめ!