無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

告白①
玲於
みんなー






さっきの昼休みが終わって、次の授業が終わってから、

グループに連絡が来た。











涼太
なにー?
広臣
どうしたの?
玲於
俺さ、
亜嵐
なになに?気になる
伶菜
なんですか?







私も気になって、返事をした。










すると…















玲於
さっき伶菜に告ったんだ
龍友
まじか
亜嵐
俺も告ったよ
涼太
返事は?まさかOK?
龍友
なんやねん。報告か
玲於
いや違う。断られた
龍友
ほんまなんやねん!
伶菜
なんでここで言うの?
玲於
なんか。
伶菜
なに、なんかって
亜嵐
俺も告ったよ
涼太
亜嵐先輩、それはわかりました
龍友
しつこ
亜嵐
ひど
















その後も会話は続いたけど、最後まで壱馬先輩は入ってこなかった。






























北人
伶菜ちゃん。ホームルーム終わったら俺の教室来て










北人先輩から個人の連絡先に連絡が来た。





伶菜
わかりました