無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

話②
さっきは、びっくりした。







でも、助けてくれて告白されて

ちょっと嬉しかったのはわたしだけの秘密。























あれ…みんな集まってる













壱馬
え?俺ですか?
広臣
まー、イケメンだしね
壱馬
…そうですか?
涼太
でも伶菜ちゃんの好みって分かんないよね







えっ?!

まさかの私の話?!









北人
壱馬のこと好きだったりして







ん?

なんでそんな話になってるの!






壱馬
そう、かな
北人
あれ、そんなに嫌そうじゃない






嫌そうじゃない?

ちょっと嬉しい!

広臣
まぁ、伶菜ちゃんが告ってくるまで待とう
玲於
それまでアタック続けるけどね
涼太
頑張ろ!








やっぱり壱馬先輩、





あんまり興味ないみたい…