無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

告白④
伶菜
どういうこと…最後って、まさか…
壱馬
…もう、会えない、のかな
伶菜
よくわかんない…
壱馬
…今までありがとうって、なかなか言わないよね
伶菜
転校…?
壱馬
わかんない。












確かにいつもの北人先輩と様子が違った。















もう会えないのかな…
























ふたりで教室にいたけど、しばらく沈黙が続いた。

それぞれが北人先輩のことを考えていた。














 
壱馬
…伶菜ちゃんって、誰のこと好きなの?
伶菜
え…
壱馬
噂だと、7人の中のだれからしいけど、2人の告白断ってるんでしょ?
伶菜
あ、いまの北人先輩のを入れると3人です。
壱馬
そっか…。だと、広臣先輩?
伶菜
ちがいます
壱馬
じゃあ、龍友先輩?






え、このパターンって1人ずつ聞いていくパターン…?!








伶菜
…ちがいます
壱馬
涼太くん?
伶菜
ちがいます
壱馬
えっ?もう全員言ったけど







ついに先輩はそこにあった席の椅子に座って、

手で私も座るように促した。













伶菜
教えません。
壱馬
…あ、もしかして複雑な感じ?
伶菜
んー、まぁ、そんなところです
壱馬
告られたけど断っちゃったとか?
伶菜
ちょっと違うかなー
壱馬
もしや、いま言った人の中にいるな?
伶菜
…いないです!
壱馬
え?!どういうこと?
伶菜
…ひとり、言ってない人、いるじゃないですか


しばらくまた沈黙が続いて…






壱馬
広臣先輩
壱馬
龍友先輩


順番に言っていくけど、わたしは首を横に振り続ける。









壱馬
亜嵐先輩
壱馬
涼太くん
壱馬
玲於





やばい、そろそろだ…









壱馬
北人
伶菜
…壱馬くん