無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

帰り道②
壱馬
楽しかったねー
伶菜
はい!
壱馬
伶菜ちゃん、歌うまくてびっくりした
伶菜
え?そうかな…でも壱馬くんも…








ふと壱馬くんの方を見た。












伶菜
壱馬くんも、すごいうまかった…
壱馬
ちょっともう一回言って?
伶菜
…壱馬くん、うた上手かったよ?
壱馬
…もう一回
伶菜
壱馬くん、うた上手くてかっこよかったです…







え…







照れてるの…?












壱馬
…ごめん、何回も言わせて
伶菜
う、うん、何かと思った…
壱馬
嬉しかったからさ、伶菜ちゃんに言ってもらえて









まただ…





壱馬くん、私を好きじゃないならやめてほしいよ…





















伶菜
あの、気になってたんですけど、
壱馬
なに?
伶菜
本当は、みんなと一緒に残りたかったんじゃないですか?
壱馬
んー…なんでやろなー






隣を見ると、腕を組んで歩いてる壱馬くん。




かっこいいなー…





















壱馬
ん?なんかついてる?
伶菜
あ、ごめん…なんでもない












めっちゃありがちなやつ…







でも恥ずかしい…











壱馬
伶菜ってさ、なんで俺のこと好きなの?
伶菜
…っえ?
壱馬
急にごめん。でも、気になって…
伶菜
入学式のときから、気になってて、気づいたら、好きでした…






なんでこんなこと言わせるの…





壱馬
俺は、連絡先聞かれたときあたりかな、なんか、いつもと違う感じで














…それって、どういう意味?