無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

保健室①
今日はなんだかあんまり体調が良くなくて…














アンナ
…伶菜、伶菜、大丈夫?
伶菜
え?
アンナ
さっきから何回も呼んでるけど…
伶菜
…あ、ごめん、なに?
アンナ
具合悪いんでしょ?保健室行ったら?
伶菜
大丈夫だよ、このくらい
アンナ
…でも、無理しないでね
伶菜
うん、わかってる





あ、次は体育か






具合悪いし見学しようかな…












伶菜
アンナ、わたし体育見学しようかな
アンナ
うん、そうしたら?…てか、ほんとに大丈夫なの?
伶菜
大丈夫、だとおもう







体育館に向かっている途中、遠くの方で先輩たちの声が聞こえた。









広臣
龍友、運動会どんな感じ?
龍友
あー、もちろん借り物競走は力入れてる
玲於
どんなお題があるんですか?
亜嵐
好きな人とかでしょ?
龍友
うん。あと、気になる人、とか
涼太
好きな人と気になる人の違いってなんなんだろね
玲於
気になる人、かあ
壱馬
…あれ、伶菜
涼太
伶菜ちゃんとアンナちゃんだ
広臣
アンナちゃんって言うの?あの子
涼太
はい
龍友
へぇー、涼太、なかいいん?
涼太
まぁ、
伶菜
こんにちはー
アンナ
伶菜、今朝だよ?
伶菜
え?
アンナ
まじでやばいんじゃないの?やっぱ保健室行こ?
広臣
具合悪いの?
アンナ
はい。さっきからずっと…え、伶菜っ





目の前が真っ暗になった。